業務用タブレットの役割

  • 業務用としてタブレットを使うケース

    • 業務用でタブレットを使うケースとしては、在庫管理、生産管理など管理面での利用が考えられます。



      逐一、進捗状況を現場で管理できれば、適切なアドバイスをしていくことができます。



      今まではパソコンなどを通じて見なくてはならず、多少のタイムラグがありました。


      それがなくなるというのが大きく、ロスをなくしていくことにもつながります。



      業務用としてタブレットを使う他のケースとしては、社員教育があります。

      例えば、動画を見ながら行った方が浸透が早くなることがあります。


      口ではなかなか伝わらず、同じ教え方をすると人によって浸透が様々になってしまうというのでは、あまり効率的とはいえません。

      例えば、業務用タブレットを貸し出し、それを基に動画を見て勉強していく、もしくは専用ソフトで確かめていくことをすれば、着実に知識を蓄えていき、教育にもつながります。

      スポーツの分野では、試合前にデータを確認したり、チームの戦略を確認する、相手チームの研究、自らのプレー内容などを見るために全員に業務用タブレットが配られていることがあります。
      特に情報の変化が激しく、とても細かいアメリカンフットボールにおいては、積極的に活用されるなど一般的になっています。

      情報社会と呼ばれ、日々アップデートされるような業種では、業務用タブレットを社員に持たせることはむしろ当然の流れであり、素早く情報を手に入れ、それをどう役立てるかが、今の社会人には問われています。